新型エンジン搭載 フォレスター「スポーツ」追加 SUBARU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フォレスターの新グレード「SPORT」のイメージ画像

 SUBARU(スバル、東京都渋谷区、中村知美社長)は22日、スポーツタイプ多目的車(SUV)「フォレスター」を改良し、新型の直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「SPORT(スポーツ)」を追加すると発表した。ハイブリッド車(HV)の商品構成も再編し、運転者のニーズに合わせた車両を提案する。

 商品構成を変更し、4グレードにする。スポーツ(車両本体価格328万9千円)に、新型エンジンを搭載する。このほかの3グレードには同社独自のHVシステム「e-BOXER(イー・ボクサー)」を搭載する。

 広報担当者は「運転者の顔を識別し、シートやミラー角度を自動調整する機能が全グレードで装着可能。細かいニーズに応えられる」とPRしている。

 日本向け車両は国内唯一の自動車生産拠点、群馬製作所(太田市、大泉町)で製造し、順次出荷する予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事