新シェフ迎え刷新 「グランビュー」きょう再始動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リニューアルオープンする「ノーヴァ」

 群馬県のホテルグランビュー高崎(高崎市柳川町)が9日、開業する。昨年末まで稼働した高崎ビューホテルの営業終了に伴い、新会社のグランビュー(同所、木本高一朗社長)が事業運営を引き継ぎ、改称する。1階のレストラン「ノーヴァ」も新しいシェフを迎えてリニューアルオープンする。

 ノーヴァは、フランス料理の国際大会で入賞経験がある佐藤浩氏を料理長に迎えた。フレンチやイタリアンの技法で、地元食材を生かしたメニューを提案する。「県産野菜を使った9種のオードブル」のランチコースは1800円から。

 ホテルの営業を続けながら、2018年度以降に館内の改装や耐震補強工事を実施する。他のレストランは2月上旬ごろ開業予定。

 問い合わせは同ホテル(電話027-322-1111)へ。

◎駅西口の駐車場水曜に無料開放 高崎

 JR高崎駅西口に2017年秋開業した大型商業施設「高崎オーパ」の提携駐車場となっている「ココ・ウエスト」(高崎市通町)は、10日から1月中の毎週水曜に無料開放する。午前9時~午後10時の間、自由に利用できる。

 ココ・ウエストは10階建ての立体駐車場で、通路や駐車スペースを広くした設計にしている。18年中にはオーパとペデストリアンデッキで接続される予定。

 飯塚十四子店長は「駅との近さや、駐車のしやすさを一度試してほしい」と呼び掛けている。問い合わせは駐車場事務所(電話027-395-0845)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事