小倉クラッチが決算を修正 中国で過大在庫9.3億円 米では着服
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県に本社を置く自動車部品製造の小倉クラッチ(桐生市相生町、小倉康宏社長)は16日、中国の子会社で2014年からの累計で9億3000万円の過大在庫の計上があったと発表した。決算を16年3月期までさかのぼって修正した。米国子会社での不正送金関連でも約1億3000万円を営業外費用に振り替えた。

◎特別調査委員会の調べで判明 着服は捜査機関が捜査
 中国の子会社2社では、生産管理システムの不具合や在庫入力時のミス、生産管理の未整備などから在庫を過大に計上していた。この費用を16年3月期から各年の決算に計上した。

 米国の子会社では、18年6月から20年8月まで、経理担当者が自身の銀行口座に不正送金などし、約1億5500万円を着服した。ギャンブルに使われ、約2500万円が返済されている。弁済されていない1億3000万円は関税や輸送費などとして計上されていたため、損益には影響しない。捜査機関が捜査している。

 同社はこれらの問題の発覚を受けて10月、弁護士ら外部専門家による特別調査委員会を設置。過大在庫や不正送金の発生の経緯や、再発防止策について調査していた。

 同社は「調査委員会の報告書で指摘された内容を真摯しんしに受け止めて再発防止に努め、今後の発展につなげたい」とした。

 同時に21年3月期の連結業績予想と、20年9月中間連結決算も発表した。未定としていた業績予想は、売上高が前期比15.6%減の343億円、純損益が14億4000万円の赤字(前期は3億4500万円の黒字)を見込む。中間決算は、売上高が前年同期比27.9%減の152億3100万円、純損益が7億0800万円の赤字(同2億3500万円の黒字)だった。

 業績予想では、新型コロナウイルス感染症の影響で上半期は売り上げが落ち込んだが、下半期は受注が戻り、売上高も回復すると見込んだ。過大在庫計上と不正送金の調査費用約8億円を特別損失として計上する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事