55ブース 事業概要や理念を紹介 高崎で企業研究フェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
採用担当者の説明に熱心に耳を傾ける学生ら

 2022年春卒業予定の学生を対象にした「ぐんまインターンシップ・ワンデー仕事体験&企業研究フェア」が26日、群馬県高崎市のビエント高崎で開かれた。県内に拠点を置く企業などの55ブースが並び、学生が採用担当者から事業概要や理念、就業体験の情報を聞いて理解を深めた。

 ブースでは各企業が画像や動画、資料を使って説明。女性活躍推進の取り組みや福利厚生、研修制度も紹介した。就職相談コーナーでは、キャリアコンサルタントが仕事や将来設計についてアドバイスした。

 上毛新聞社が主催する「ぐんま就活ジャンプス2022」の一環。新型コロナウイルス感染防止のため、飛沫ひまつ防止シートを張った上で各ブースを4席に限定。企業間の間隔を空け、説明の制限時間を設けるなど、対策を徹底した。換気で室温が下がるため、コート姿で参加する学生も多かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事