Suica活用 前橋市とJR東、マースで意見交換
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
次世代交通サービスの在り方を探った意見交換会

 情報通信技術を活用した前橋市の次世代交通サービス「Mae MaaS(マエ マース)」についての意見交換会が28日、市役所で開かれた。JR東日本MaaS・Suica(スイカ)推進本部の4人が訪れ、山本龍市長や前橋商工会議所の曽我孝之会頭らと情報共有した。

 意見交換会は冒頭のみ公開。同推進本部長の根本英紀常務は「この貴重な取り組みを初めの一歩とし、いろいろな提案をしていきたい」とあいさつ。山本市長は「Suicaのノウハウや信頼をお借りできるのは大変心強く思っている」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事