サンコー72CC コース一部に太陽光発電 県内最大級
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ゴルフ場のサンコー72カントリークラブ(群馬県高崎市吉井町岩崎、寺本欣一治社長)は来春、コースの一部を太陽光発電パネル設置に充てる。設置面積は県内最大級となる見込み。ゴルフ人口が減少する中で新たな収入源を確保する狙いで、同社は「地場のゴルフ場としてサービスを提供し続けたい」としている。

 ゴルフ場の27ホール分、敷地の約4割に当たる約70万平方メートルを太陽光発電事業者に貸し、賃料を得る。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事