20万貸し付け 2年以上勤務で返還免除 潜在保育士の再就職支援
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 保育士資格を持ちながら現場を離れている「潜在保育士」が再び活躍するのを後押しして人材を充足させようと、群馬県は現場に再就職する場合に、就職準備金として20万円を上限に貸し付ける制度を始めた。無利子で、県内の保育所などへの勤務を2年以上続けると返還が免除される。

 就職によって転居が伴う際の引っ越し費用や、仕事に使う服や自転車などの購入費、申請者の子どもが保育所などを利用する費用などに充ててもらうことを想定している。

 対象は保育士資格を持ち、現在は保育所などに勤めていないが、今後週20時間以上勤める人で、新卒は除く。県社会福祉協議会が窓口となる。就職口探しと併せて相談することができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事