12年ぶり選挙戦に 3陣営臨戦態勢 伊勢崎市長選きょう告示
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 任期満了に伴う群馬県の伊勢崎市長選は10日、告示される。立候補を表明しているのはいずれも無所属の新人で、元自民党県議のひじ泰雄(68)=豊城町、元市議の栗原真耶(36)=境上武士、学習塾経営の蓬沢博亮よもぎさわ ひろふさ(39)=太田町=の3氏で、12年ぶりの選挙戦となる公算が大きい。新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、各陣営は9日、選挙戦に向けた最終調整に追われた。投開票は17日。

 市長選と同日程の市議補選(欠員2)はいずれも無所属の新人と元職の2陣営が立候補の準備を進めているほか、1陣営が立候補の関係書類を持ち帰っている。

 期日前投票は11~16日、市役所など7カ所で行われる。9日現在の選挙人名簿登録者数は16万8465人(男8万4156人、女8万4309人)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事