技を結集 ギフト開発 縫製や織り、染め… 桐生の繊維関連業者
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
色合いが変わる布で作った縫いぐるみを紹介する佐藤社長
ハンカチドールのギフトセットをPRする石橋社長

 新型コロナウイルスの影響でアパレル業が低迷する中、桐生市内の繊維関連業者がギフト商品の開発に力を入れている。織りや染め、縫製など各社の技術を組み合わせた商品が需要を伸ばせば、複数の中小企業が潤う仕組み。関連業者がチームを組み、ギフト需要を掘り起こす。

 布地製造の加栄レース(同市広沢町、佐藤真人社長)は、海外の有名服飾ブランドが採用するラメ入り生地で作ったクマの縫いぐるみを発売した。

 ネクタイなど繊維製品を企画販売するi4(アイフォー、同市本町、石橋進社長)は、桐生織のハンカチをドレスに見立てた「ハンカチドール」を発売した。動画を視聴できるQRコード付きカードをセットにして、送り主のメッセージ動画を贈れるギフト商品だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事