「渋沢栄一」ネクタイ、マスクに 「大河」前に販売開始 埼玉・深谷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
渋沢栄一をモチーフにしたネクタイやマスク、マスクケース

 群馬県と縁の深い埼玉県深谷市出身の実業家、渋沢栄一を主人公にしたNHK大河ドラマ「青天をけ」の放送開始(2月14日)を前に、地元の推進協議会は渋沢をモチーフにしたネクタイやマスクなどを製品化し、販売を始めた。

 ネクタイは青と赤の2種類で、「栄一翁」の全身のシルエットを配列。結び目の下に、上半身のデザインを施した。1本3000円。

 マスクは深谷洋装協同組合と市の若手職員がアイデアを出し合って製作した。外側が正藍染めの「青淵せいえん藍染マスク」(1400円)、レースの花柄をあしらった「青淵レースマスク」(1300円)、水着系素材でフィット感のある「青淵マスク」(800円、子ども用700円)を用意した。「青淵」は渋沢の雅号で、商品はいずれも栄一翁のロゴ付き。

 藍染めのマスクケースやピンバッジもある。同市の物産館&シェアカフェ「渋沢栄一翁ふるさと館OAK(オーク)」などで扱っているほか、2月16日に深谷公民館内に開館予定の深谷大河ドラマ館でも販売する。

 問い合わせは市渋沢栄一政策推進課(048-577-5061)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事