飼育員の写真が「旅がらす」包む 群馬サファリと清月堂コラボ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
群馬サファリの動物をパッケージに採用した「旅がらす」(左)と「ゴールド旅がらす」

 群馬サファリ・ワールド(富岡市岡本)は、菓子製造販売の旅がらす本舗清月堂(前橋市新堀町)と共同で、群馬サファリパークで飼育されている動物をパッケージに採用した「旅がらす」を発売した。飼育員が撮ったホワイトタイガーとマレーバクが使われている。

 対象商品は、ミルク、チョコ、レモン味を詰め合わせた「ゴールド旅がらす」(14枚入り)と、ミルク味の「旅がらす」(16枚入り)の2種類。包装紙には両社名とロゴ、同園ホームページのQRコードも入っている。ともに1300円。同園の売店とオンラインショップで購入できる。

 群馬サファリ・ワールドの後藤新副社長は「コロナ禍だからこそ地域の資源を生かすため、企業間の連携を強めたい。来園者や群馬に関心がある人などに買ってもらえたら」と期待した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事