ベネッセの英語試験 榛東で正式採用 県内公立中で初めて
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 中学生の英語力向上を図るため、群馬県の榛東村教委は今月、ベネッセコーポレーション(岡山市)が運営する英語の検定試験「GTEC」を導入する。ベネッセによると、研究協力以外で、県内公立中で同試験を正式採用するのは初めて。

 GTECは「読む・聞く・書く・話す」の4技能別に英語力を判定する試験。2020年度に導入される大学入学共通テストでは4技能を評価するため、大学入試センターが認めた民間検定試験が活用される見通しで、村教委は小学5年~中学3年を対象に本年度本格導入したオンライン英会話など学習の成果を、GTECで検証し、今後の指導につなげる。今月は中学2年が受ける。

 村教委は「オンライン英会話で英語の力を伸ばしていることを評価することも重要」と説明している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事