「子どものために変革を」 伊勢崎市・臂泰雄市長が初登庁
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の伊勢崎市長選に当選したひじ泰雄市長は25日、市役所に初登庁した。職員や市議、後援会関係者ら計約100人の前で花束を受け取り、市政運営への決意を述べた=写真

 職員からバッジの授与と花束の贈呈を受けた。あいさつで「子どもたちのために伊勢崎を変革しないといけない。市民の理解を得て市議と議論し、職員と同じ思いで前に進みたい」と強調。拍手で見送られ、執務室へと向かった。同日に臨時記者会見も開き、選挙の総括や新型コロナウイルス感染症対応の展望、情報発信などについて持論を述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事