「てんぐの玉手箱」受賞 フード・アクション・ニッポンアワード 風船の中にゼリー こんにゃく工房迦しょう製造
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「受賞」産品に選ばれた「てんぐの玉手箱」

 全国の優れた産品を発掘・表彰する「フード・アクション・ニッポンアワード2020」(農林水産省主催)は27日、「MightyKonjac こんにゃく工房迦しょう」(沼田市中発知町、遠藤周社長)の「てんぐの玉手箱」など10点を「受賞」産品に選んだと発表した。全国1019点の応募の中から、「てんぐの玉手箱」は審査委員企業の1社、オンワードホールディングス(HD、東京都)が選出。同社のグルメ通販サイトでも販売される。

 てんぐの玉手箱は県産生フルーツやコンニャクを使った風船入りのゼリー。果実やコンニャクの配合量が多く、軟らかな食感が特徴で、風船を割って食べるドキドキ感も演出している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事