前橋市議選 きょう投開票 大勢判明は午後10時すぎ
 任期満了に伴う前橋市議選(定数38)は7日、投開票される。新型コロナウイ...
 
各陣営が最後の追い込み 前橋市議選 7日に投開票
 任期満了に伴う前橋市議選(定数38)は7日、投票が行われ、即日開票される...
コロナ下 票読めず 市街地、南橘、城南が激戦 終盤情勢
 前橋市議選(定数38)は7日の投開票に向けて終盤戦に入った。立候補した4...
《立候補者アンケート》(下) アーバンデザインの支持多く
 前橋市千代田町の中心市街地再開発について、地権者らでつくる準備組合と、共...
【特集】前橋市議選 47人が38議席争う混戦
 任期満了に伴う前橋市議選が31日告示され、定数38に対して47人が立候補...
《立候補者アンケート》(上) 判断難しい施設統廃合
 任期満了に伴う前橋市議選(7日投開票)は、定数38に47人が立候補し、激...
 
期日前投票開始 幾重も感染対策 市内17カ所
 前橋市議選の期日前投票が1日、市内17カ所で始まった。市役所1階では、新...
ドライブイン形式の出陣式で、候補者と共に気勢を上げる支持者ら=31日、前橋市内
前橋市議選告示 勢力図や世代交代は? 47人が38議席争う混戦
 任期満了に伴う前橋市議選は31日告示され、定数38に対して47人が立候補...
コロナ下 票読めず 市街地、南橘、城南が激戦 終盤情勢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前橋市議選(定数38)は7日の投開票に向けて終盤戦に入った。立候補した47人は新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し屋外で集会を開いたり、遊説カーで支持を訴えたりと、激しい舌戦を展開している。コロナの影響下で票が読みにくい中、現職は地元を固めつつ票の上積みを狙い、新人は現職の地盤にも攻め込むなど支持拡大に懸命だ。

 詳しい前橋市の地図と各候補の地盤の表はこちら

 「47分の38だと言われるが、選挙は勝つか負けるか2分の1。最後まで全力疾走で駆け抜けたい」。4日に屋外で開かれた個人演説会。若手の現職候補は約50人の支持者を前に、喫緊の課題である新型コロナ対策に全力で取り組む決意を述べた。

 市選挙管理委員会によると、3日までの期日前投票の投票者数は1万2286人で、前回2017年の同時期より1652人増加した。市選管や候補者が「密」を避けるために期日前投票を呼び掛けていることが影響しているとみられる。

 一方、各陣営は新型コロナが投票行動にどう影響するか測りかねている。投票率は前回の43.62%から大幅に下がることが懸念され、「当選者の最低得票は前回の1685票からさらに低下する」との見方もある。

 最激戦区は市街地北部だ。現職6人、新人4人の計10人が名乗りを上げ、連日遊説カーが入り乱れる。新人は「コロナ禍だからこそ選挙が大事だと伝えたい」と強調。迎え撃つ現職は「地域を割っての選挙。地元を思い、しっかりと支えていく人間を育てていただきたい」と訴える。

 前回より1人多く出馬した南橘、城南の両地区も激戦の様相を呈する。南橘地区はベテランと若手を合わせた現職4人に、新人2人が割って入る構図。有権者数は3万2938人と他地区と比べて多いため、地元票の掘り起こしが鍵となる。最終盤に向け各候補の地元固めが激しくなりそうだ。

 城南地区は中堅の現職2人に、ともに30代の新人2人が挑む。市東部に位置する同地区は公共交通網の充実や高齢化への対応など課題も多く、各候補は地域代表としての役割を訴える。有権者数は1万4945人と多くはないものの、市内では比較的高いとされる投票率を保てるかが注目される。

 山本龍市長に近い勢力がどれほど票を伸ばせるかも大きな焦点。結果次第で、市政運営に大きな影響が出るため、山本市長は支援候補の応援に力を入れる。4日は市長に近い新人候補の応援に出向き、「投票まであと3日。地域課題を解決するため、ご支援をお願いします」と呼び掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事