県予算案内示 規模最大7650億円 コロナ封じ込め 新たな未来構築
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
予算案について説明する山本知事=8日、県庁
 
 

 山本一太群馬県知事は8日、総額が前年度比2.7%増の7650億7700万円となる2021年度一般会計当初予算案を内示した。新型コロナウイルス対策費が膨らみ、規模は制度融資が特別会計に移管された08年度以降で最大。コロナ禍で県税収入の120億円減を見込むなど財源不足が深刻化する中、基金繰り入れや既存事業の見直しで捻出。「コロナ封じ込め加速」と「群馬県の新たな未来構築」の両立を掲げ、デジタル化推進や教育改革などにも重点配分した。

 山本知事は会見で「新型コロナの感染拡大を封じ込めることが最大の使命。県民の命と健康、暮らしを守ることを最優先課題とした」と強調。コロナ対策は医療提供体制の確保や相談・検査態勢の充実、ワクチン接種の円滑実施などに454億円を振り分けた。

 コロナ禍に伴う社会変化や激甚化する自然災害に対応するため、行政や教育のデジタル化、テレワーク推進、コロナ禍を踏まえた新たな観光創出、2050年の温室効果ガス排出量ゼロを目指す「ぐんま五つのゼロ宣言」関連事業などに手厚く配分。20年度から5年計画で重点的に進めている防災・減災対策にも295億円を盛り込んだ。

 さらに「財政状況が厳しい中でも群馬県に新たな富を生み出す取り組みには力を入れる」(山本知事)とし、知名度が高い群馬県マスコット「ぐんまちゃん」を活用した群馬県のPR事業やeスポーツ推進など、将来の可能性を育てる「攻めの分野」への投資も確保した。

 ただ、収入面はコロナ禍に伴う企業業績や消費の低迷で県税収入は4.9%減の2345億円を見込むなど減少。コロナ対策費の増加や社会保障関係費が10年前の1.5倍に当たる1081億円に上るなど支出が膨らんだ結果、財源不足は昨年10月公表の中期財政見通しの156億円を上回る191億円に拡大した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事