恒例の群響演奏は密避け四重奏に 群馬県議会開会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県議会第1回定例会が17日に開会し、山本一太知事は総額7650億7700万円の2021年度一般会計当初予算案など104議案を提案した。開会前の議場では、群馬交響楽団がモーツアルトやシューベルトの曲を披露した=写真

 山本知事は提案理由の説明で「新型コロナウイルス感染症対策など県民の安全安心を確保するのが最重要課題だが、新たな富や価値を生み出す取り組みにも全力を尽くす」と述べた。

 104議案には、182億4500万円を減額し、総額8748億8800万円とする20年度一般会計補正予算案も含まれる。多文化共生・共創社会の実現に向けて県と市町村、事業者の役割を明確化した条例案や、児童虐待対策を総合的に強化するための条例案なども提出した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事