伊勢崎銘仙 CFで販売 服飾ブランド「Ay」 15日まで
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 伊勢崎銘仙を使った服飾ブランド「Ay(アイ)」は、クラウドファンディング(CF)を利用して衣類やバッグの販売を始めた。3月15日まで、計200万円を目標に購入を呼び掛けている。

 キルティングポーチ(5000円)や羽織ローブ(2万2500円)を購入できるコースを用意した。いずれも定価より安い。対価はなく、ブランドを応援するための3000円のコースもある。

 知名度向上とブランドのファン獲得のため、今月10日にCFを開始。これまでに116人から当初の目標金額を超える計約136万円を集めた。ベストワンピースや銘仙をキャンバスに張ったアート作品が人気で、開始2日で完売し、追加生産した。

 Ayを手掛ける慶応大生の村上采(あや)代表(22)は「伊勢崎の文化を広める応援をしてもらいたい」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事