群大など4大学の留学生ら 東和銀でインターン報告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インターンで学んだ成果を発表した報告会

 外国人留学生の群馬県内就職を促進しようと、群馬大などが取り組む「グローカル・ハタラクラスぐんま(GHKG)」の一環で東和銀行が受け入れていたインターンシップの報告会が26日、前橋市の同行本店で開かれた。

 インターンは完全オンラインで行い、群馬、高崎経済、上武、共愛学園前橋国際の4大学に在籍する留学生6人と日本人学生3人が参加。1月下旬から9日間の日程で、預金や融資、事業承継支援などの銀行業務について学んできた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事