県産イチゴ存分に スイーツ自販機で季節限定「ショコラもち」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スイーツ専用自販機の前で新商品と素材のイチゴをPRする運営スタッフ

 喫茶店の響香(群馬県太田市石橋町)と花き栽培のコジマ花園(同市藪塚町)が、季節限定菓子「いちごショコラもち」を共同開発した。両店を含む市内の12事業者の人気商品が購入できる市役所のスイーツ専用自販機で取り扱っている。

 コジマ花園が栽培したイチゴをチョコレートで覆い、クリームごと薄い餅で包んだ。イチゴの旬に合わせ、3月末まで1個500円で販売する。

 スイーツ専用自販機は、地域の経済振興を目的に昨年10月に設置された。品ぞろえや非対面の販売が支持されて売り上げは想定の1.3倍を維持している。

 響香とコジマ花園は自販機への出品が縁で知り合った。自販機を運営する市民団体「OTA CITY MARKET(オータシティーマーケット)実行委員会」の金子優美委員長は「定期的に新商品を投入し、地場産商品の魅力を発信していきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事