会議録が外部流出しブログに個人情報 渋川市議会百条委
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県の渋川市議会の「本会議における渋川市長の答弁の真偽に関する調査特別委員会」(百条委員会)の校正中の会議録が外部に流出し、個人情報が伏せられることなく市民団体のブログ上でそのまま公開されていたことが16日、分かった。同日夕に削除されたが、証人として呼ばれた市民の名前や住所などが2週間、読める状態だった。

 会議録は2月12日の同委員会の内容を記録。校正のため、委員8人や事務局ら限られた関係者だけに渡されていた。ブログには3月2日付で掲載された。

 16日に開かれた同委員会で中沢広行委員長がこの問題を指摘。外部に会議録を提示した委員が名乗り出て「(市民団体に)削除を求める」と話した。この委員はブログで公開されていることを知らなかったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事