群馬県公立高入試の前後期一本化を提言 県教委検討委 多様な評価法示す
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 公立高入試の在り方を審議していた群馬県教委の検討委員会(委員長・小林清前橋工科大教授)は、現行の前期選抜と後期選抜を一本化し、1回の試験で選考する制度に改めることが望ましいとする報告書をまとめ、26日に笠原寛県教育長に提出した。試験結果や中学校の調査書などを評価する観点、段階を複数設け、多様な尺度で子どもたちの力を測る新モデルを示した。県教委は報告書に基づき議論を重ね、パブリックコメント(意見公募)などを経て新制度案を固める。

 報告書は現行制度の課題として(1)前期選抜で不合格を経験する多くの生徒の心の負担(2)長い試験日程による中高の授業時数の圧迫(3)採点などによる教職員の負担(4)感染症対応の追検査のための日程確保―を挙げた。前期選抜で不合格となった場合に後期選抜で不本意な志願先に変更する生徒がいることも問題視した。

 検討委の報告書では、2月中下旬に2日間の日程で学力検査と面接などを行うモデルを提案。試験結果や調査書を基に、まず第1段階として現在の前期選抜の観点で、学校ごとに定める定員の10~50%の合格者を決める。評定や部活動の成果による評価に加え、新たに不登校経験や中退経験がある人、外国籍の人の学習意欲を測る観点も設ける。

 次に第1段階で合格になっていない人を対象に、学力検査の結果を重視して、残る50~90%の合格者を決める。感染症などで受験できなかった生徒には、日程に余裕を持たせた上で追検査を行う。これらの結果を踏まえ、3月中旬に再募集を行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事