北川早大名誉教授と渋川市長 地方行政で意見交換
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで意見交換する高木市長

 群馬県渋川市の高木勉市長は6日、元三重県知事で、早稲田大マニフェスト研究所顧問を務める北川正恭同大名誉教授と地方行政や人材育成をテーマに、オンラインで意見交換した。

 数年前、東北で行われた自治体職員の勉強会で市職員と北川名誉教授に接点ができたことを機に、市は同研究所の研修に2017年度から毎年職員3人を派遣。職員が研修にスムーズに参加し、職場で成果を発揮しやすい環境づくりのため今回初めて意見交換した。(奥木秀幸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事