JINS店舗にカフェや広場 ジンズパークが29日オープン 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 眼鏡チェーン「JINS」を展開するジンズ(前橋市川原町、田中仁CEO)は8日、同所に地域交流の拠点となることを目指した新施設「JINS PARK(ジンズ パーク)」を開設すると発表した。JINSの店舗に加え、ベーカリーカフェや住民らがイベントを催せる屋外広場を設ける。

 もとのJINS前橋店があった場所で、29日に開店する。鉄骨造り2階建てで、延べ床面積は約500平方メートル。敷地面積は約1700平方メートルで、建物と敷地はいずれも同社店舗としては最大となる。

 建物の設計は、有名ブランドの店舗などを手掛ける永山祐子さんが担当。ガラスや吹き抜けを効果的に使い、明るく開放的な空間とした。1階にJINS前橋店とベーカリーカフェが入り、2階に屋上テラスを設けた。

 ベーカリーカフェは「エブリパン」のブランド名で、県産小麦などにこだわった総菜パンを中心に約60種を提供。同社がパンの小売事業に参入するのは初めて。顧客との接点を増やそうとする中で、日常的に立ち寄ってもらえるパンに着目したという。

 屋外広場は芝生張りとし、住民らに貸し出してイベントを開催する。29日に子どもが不用品を販売するキッズフリーマーケットを開くほか、5月1、2の両日も飲食や物販のイベントを予定する。

 オープンを記念し、29日~5月9日に眼鏡の割引などのセールを行う。上毛大橋のたもとで営業中のJINS前橋店の仮店舗は14日で閉める。

 同社は「JINSブランドを立ち上げて20年の節目に新たに地域との共生を目指したい。お客さんに気軽に立ち寄ってもらっていろいろな交流が生まれれば」としている。
(丸山卓郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事