宿泊客が探偵役殺人事件を解決 ホテルメトロポリタン高崎 「ミステリー」プラン予約開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 ホテルメトロポリタン高崎(群馬県高崎市八島町、山田幸秀社長)は、参加型推理宿泊プラン「ミステリーホテル」の予約受け付けを始めた。同ホテルでは初開催で、宿泊客が探偵役となり、一晩かけて殺人事件を解決するストーリーを体験できる。期間は23日~8月31日。

 グループのホテルメトロポリタン(東京都豊島区)は1989年から演劇上演と併せたプラン「ミステリーナイト」を開催してきた。昨年7月からは新型コロナウイルス感染症対策として、観劇をホテル内での情報収集に切り替えた「ミステリーホテル」プランを企画、7カ月間で計1300人が参加した。新作ストーリーを用意した第2弾を高崎など系列5ホテルで開催する。

 宿泊料はシングル2万1100円、ツイン(1人当たり)1万8100円。客室のテレビで事件のあらましを観賞し、関係者が食べたとされる料理などを楽しみながら一晩かけて事件を解決する。チェックアウト時に「逮捕状」を提出する。成績優秀者には後日、宿泊券や食事券が贈られる。
(寺島努)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事