永井酒造×ユミカツラ ファッションと融合 伝統の日本酒を世界へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 永井酒造(川場村門前、永井則吉社長)は、世界的に著名なブライダルファッションデザイナー、桂由美さんが社長を務める婚礼衣装のユミカツラインターナショナル(東京都)とコラボレーションした企画を展開する。「伝統と革新」をテーマに、日本酒とファッションを融合させ、日本の伝統文化と技術を世界に発信していく。

 今秋には結婚式やパーティーを彩る乾杯酒を製造し、お披露目する予定だ。伝統的な日本酒製法にシャンパンの製法を取り入れたスパークリング清酒となる見込みで、ラベルは同酒造とユミカツラが共同制作する。

 マーケティングや海外戦略を担う永井松美取締役は「代表酒の『水芭蕉』の花言葉は美しい思い出。世界中の皆さまの特別な記念日に、心に残るようなお酒にしたい」と語る。

 永井酒造と桂さんは業種は違うものの、伝統や技術を世界に発信する思いに共感し、コラボが実現した。

 桂さんは「和と洋を融合させ、日本の良いところを海外に伝えたい」とコラボの意義を強調。永井社長も「人を感動させることができるという点で服も酒も同じ。多くの人に感動を届けたい」と意気込んでいる。
(堀口純)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事