外国人の義務教育支援 行政機関学校向け 県教委が情報サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 外国人の子どもが義務教育を円滑に受けられるよう、県教委は行政機関や学校向けに、就学支援に関する情報をウェブサイトにまとめた。市町村の住民登録窓口に来た外国人を教育委員会や学校へ確実につなぐための注意点や、日本の学校制度を紹介する際に活用できる多言語の動画を掲載した。受け入れ経験の少ない市町村などに参考にしてもらい、学齢期なのに通学していない「不就学」の未然防止を図る。

 外国人の住民登録から就学までの流れを図にまとめ、注意点を示した。市町村の住民登録担当部署には、教委への情報提供や電子機器の翻訳機能の活用を求めた。教委と学校には、保護者に対し(1)日本の学校か外国人学校のいずれかに進学させる意思があるか(2)保護者の在留資格(3)保護者と子どもの日本語習得状況(4)可能な限り複数の連絡先―などを確かめた上で、必要に応じて通訳や支援員を用意するよう勧めた。
(高野聡)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事