上武道路が23年度までに7.1キロ4車線化 渋川西バイパスは25年度1.9キロ開通目標 国交省
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
 

 前橋市を通る国道17号上武道路の2車線区間(計7.1キロ)について、国土交通省高崎河川国道事務所は、2023年度までの4車線化を目指す方針を示した。上信自動車道の一部区間となる国道17号渋川西バイパス(計5.0キロ)の未開通区間(1.9キロ)については、開通の目標を25年度と明らかにした。

 上武道路で4車線化の時期が示されたのは、前橋市今井町―富田町と、同市上泉町―上細井町の両区間。23年度までに順次、4車線化する。同事務所は市街地を通る国道17号の混雑緩和のほか、物流の円滑化、観光アクセスの向上を見込んでいる。
(山田祐二)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事