オンライン選考が定着 群馬県内企業の面接解禁 ルール形骸化浮き彫り
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインでスタートした群馬銀行の採用面接

 政府主導の就職活動日程ルールによる面接解禁日となった1日、県内企業でも来春卒業予定の学生らの採用面接が本格化した。新型コロナウイルスの感染が拡大して2年目となり、選考にオンラインを活用する企業が定着した。コロナ下でも企業が堅調な採用意欲を見せる一方、ルールの形骸化が浮き彫りになった。

 「昨年より円滑にスタートできた」と、ほっとした表情を見せたのは群馬銀行(前橋市)の採用担当者。この日も昨年に続きオンラインでの1次面接を開始し、リクルートスーツに身を包んだ学生と向き合った。ただ、学生の立ち居振る舞いが分からず、対面より情報量が少ないと課題も指摘。同行は最終選考などで最低1回は対面での面接を検討する。

 県内に拠点を置く大手メーカーは3月から面接を始め、内々定も出し始めた。担当者は「学生の確保が困難で、他社より先に動く必要があった」と説明。本年度は全ての説明会や面接をオンラインに切り替えたことで、応募数はコロナ以前より減ったが、大多数を占めていた関東や東北以外からの応募者が増えているという。
(まとめ 井部友太)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事