ヤマダHD 大塚家具を完全子会社化 9月1日に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 家電量販店最大手のヤマダホールディングス(HD、群馬県高崎市栄町、三嶋恒夫社長)は9日、傘下の大塚家具(東京都江東区、三嶋恒夫社長)を9月1日に完全子会社化すると発表した。家具と家電を組み合わせた住宅関連事業の拡大や、意思決定の迅速化、ヤマダ側からの積極的な財政支援が可能になる。大塚家具は8月30日付で新興市場ジャスダックの上場が廃止となる。

 ヤマダHDは「完全子会社化によって意思決定が迅速になり、(大塚家具の)業績回復のスピードアップにつながる」と説明している。(寺島努)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事