スバル群馬県2工場が来月16日操業せず 半導体不足受け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県に国内唯一の自動車生産拠点のあるSUBARU(スバル、東京都渋谷区)は19日までに、世界的な半導体不足の影響で群馬製作所の本工場(太田市スバル町)と矢島工場(同市庄屋町)の操業を7月16日の1日間停止すると明らかにした。

 同社は半導体を使う部品の供給遅延で1月以降生産調整を続けており、その一環として停止するという。本工場には一つ、矢島工場には二つの完成車の製造ラインがある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事