「自然眺めて山の恵みを」 赤城公園にカフェ オープン前にお披露目会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
17日にオープンする店内で自慢のソーセージを使ったガレットを持つ林社長

 高付加価値な生ハムやソーセージを販売する「ヒュッテ ハヤシ」を運営するエーアンドブイ企画(群馬県前橋市三夜沢町、林智浩社長)は17日、前橋市の県立赤城公園ビジターセンター内に「ヒュッテ ハヤシ カフェ」をオープンする。13日からお披露目会が開かれている。

 県が県有施設の運営を一時的に民間事業者に委ね、今後の可能性を探る市場調査「トライアル・サウンディング」の一環。カフェは席数に余裕を持たせ、赤城の自然を見ながらゆったりと過ごせるようにした。赤城山をイメージしたブレンドコーヒー(400円~)や、赤城山で育った豚を使ったソーセージや野菜を使ったガレット(1000円~)などを提供する。(宮村恵介)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事