共同開発FRスポーツ車 異なる「乗り味」 トヨタGR86とスバルBRZ すべて群馬製作所で生産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
試乗会に登場したトヨタ自動車の「GR86」(上)とSUBARUの「BRZ」=千葉県袖ケ浦市

 トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は26日までに、共同開発した新型スポーツカーの報道機関向け試乗会を千葉県袖ケ浦市のサーキットで開いた。トヨタが「GR86(ハチロク)」の名称で秋、スバルは「BRZ」として夏に発売する。記者が乗り比べると、GR86は機敏さ、BRZは安定性を重視し、それぞれ異なる「乗り味」に調整した印象だった。

 車台は共通で、エンジン特性や足回りの制御を両社が独自に手掛けた。GR86はアクセルペダルを踏んだ時やハンドルを切った際の反応が鋭い。BRZはカーブや、強くブレーキペダルを踏んだ際の車体の揺れが少なく、動きが穏やかだった。

 共同開発のスポーツカーは2代目で、2012年発売の初代より全高を10ミリ下げ、重心を低くして走行性能を向上させた。エンジン排気量は初代の2000㏄から2400㏄に拡大した。GR86、BRZともスバルの群馬製作所(太田市)で生産する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事