高商大とデジタルハリウッド デジタル人材の育成で協定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オンラインで協定書を取り交わす渕上学長(右)と吉村社長

 高崎商科大(群馬県高崎市、渕上勇次郎学長)とクリエーター養成スクールなどを運営するデジタルハリウッド(東京都、吉村毅社長)は、デジタルクリエイティブ教育に係る連携協定を締結した。連携により、デジタルの最先端を行く同社のコンテンツを同大で提供することが可能になる。

 同大では商学部経営学科、会計学科の2022年度からのカリキュラム改定に伴い、プログラミング科目など5科目で、同社のコンテンツを活用したeラーニング授業を新たに開講する。当該科目では大学独自の学習管理システムを活用し、学生がいつでも同社の講師に質問できる環境を整え、学習成果の向上を図る。(吉野友淳)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事