ファミマのフードドライブ 協力団体が視察 大泉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
丸茂代表(右)に集まった食品を渡す荻原店長

 コンビニ大手のファミリーマート(東京都港区)が群馬県内31店舗で「ファミマフードドライブ」を始めたことを受け、協力パートナーによる現場視察が11日、大泉町の大泉坂田7丁目店で行われた。

 家庭で余った食品を集め、支援の必要な人たちに提供する仕組み。視察は食品を入れる回収ボックスや、取り組みを知らせるポスターなどを確認した。(大楽和範)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事