観光資源を世界に発信 村とJTB連携協定 片品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 観光誘客や活性化につなげるため、群馬県片品村とJTB(東京都)は8日、地方創生に関する連携協定を締結した=写真。尾瀬国立公園をはじめ、国際的な観光資源の発掘や魅力の発信を進め、コロナ収束後を見据えた観光需要の拡大を目指す。同社が自治体と同協定を締結するのは県内初。

 村と同社は(1)世界に通じる観光、農産物のブランド力の向上(2)国内外からの誘客による地域活性化、観光誘客の促進(3)村振興公社の先進的な観光地域づくり推進(4)農林業をはじめとした産業活性化―などに取り組む。(堀口純)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事