JTとドコモCSが協働 サイト運営や河川清掃 群馬支店
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
地域貢献活動で協働することを発表した土屋支店長(右)と関崎支店長

 日本たばこ産業(JT)群馬支店(高崎市東町、土屋清支店長)とドコモCS群馬支店(同市高松町、関崎宜史支店長)は10日、地域貢献活動で協働すると発表した。県内の地場産品の販売を後押しするポータルサイトを運営するほか、河川の清掃活動に取り組む。地元企業や住民の参画を募り、活動の輪を広げていく。

 社会課題の解決に向けてJTが進める「リシンク・プロジェクト」の一環。「つなぐ“とき”を」と銘打ち、企業と住民、生産者と消費者などを結び付けることをテーマとする。ドコモCSがプロジェクトに賛同したことで、協働が実現した。県が後援する。(丸山卓郎)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事