江田天川大島線「朝倉町区間」 24年度に開通見通し 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市の都市計画道路、江田天川大島線の朝倉町区間が2024年度中に開通し、既に完成している区間と合わせて六供町の六供清掃工場付近から天川大島町の県道前橋館林線(駒形バイパス)までつながる見通しとなったことが、19日までに分かった。同市南部の開発促進やJR前橋駅南側一帯の交通渋滞緩和につながりそうだ。

 六供町、天川大島町の区間は既に開通している。中央部の朝倉町は1~3期工区に分かれており、東側の1期工区が開通、西側の2期工区はほぼ完成、中央の3期工区は昨年度末で92%の用地を取得し、事業費ベースの進ちょく率は70%となった。(斎藤洋一)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事