ヤマダ LABI1高崎 インテリア・家具を拡充
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
リニューアルオープンする「LABI1 LIFE SELECT 高崎」

 家電量販店最大手のヤマダホールディングス(HD)傘下のヤマダデンキ(群馬県高崎市栄町、小林辰夫社長)は23日、本社併設の店舗「LABI1 LIFE SELECT 高崎」をリニューアルする。使い心地を確かめられる体験型の商品展示を特徴とする店に改装し、インテリア・家具売り場を拡充する。

 新コンセプトは「たのしい。くらしをシアワセにする、ぜんぶ。」「いろいろなワクワクに出会える、新しいヤマダ」。掃除ロボットなどが動く様子を見られる体験型ディスプレーを用意。約3000平方メートルある1階フロアを全てインテリア・家具売り場とする。地下1階には電動自転車を中心とした自転車コーナーを設ける。店舗外観も一部改装した。

 同社は6月、体験型を目玉とする新コンセプト店の1号店を熊本市にオープン。今後、全国展開を進めていくとしていた。

 またヤマダHDは22日までに、ホームセンターを展開するアークランドサカモト(新潟県三条市)と連携し、2022年に新業態の商業施設「総合生活提案型ショッピングスクエア」を愛知県と東京都に開業すると発表した。24年までに神奈川や長野など6都府県に計6店舗の出店を予定している。(寺島努)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事