八ツ場トンネル 貯蔵酒を限定発売 浅間酒造
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
限定販売されている貯蔵酒
リムトンネルから運び出される貯蔵酒

 浅間酒造(群馬県長野原町長野原、桜井武社長)は、八ツ場ダム(同町)の工事で使われた「リムトンネル」を使った貯蔵酒を数量限定で発売した。トンネル内は気温15度程度で安定しているため、緩やかに熟成した日本酒となった。

 地元産の酒米と水を使った純米吟醸酒と純米酒の「八ツ場の風」(720ミリリットル)約2000本を今月1日までの約2カ月間貯蔵した。予約者に随時届けるほか、純米吟醸酒の5本セットを1万円(送料込み)で50セット限定で追加販売している。(関坂典生)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事