前橋市予算案 2年連続減の1434億 健康、魅力発信に重点
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前橋市の山本龍市長は13日、総額1434億3000万円の2018年度一般会計当初予算案を発表した。前年度比1.7%減で、2年連続の減額。移転する前橋赤十字病院の跡地利用など市民の健康増進や、道の駅設置をはじめとした前橋の魅力発信に重点配分した。教科や部活動の指導者を増やし、教員の多忙解消にも力を入れる。

 歳入は市税収入が533億9000万円となり過去最大。交付税は120億円で微減とした。市債発行額は前年度より21億9000万円少ない153億9000万円に抑えた。借金に頼らず、どの程度政策経費を賄えているかを示すプライマリーバランス(基礎的財政収支)は臨時財政対策債を除く算定で8億円の黒字となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事