仕事と出会える場を フリーランス女性支援 きょう企業、行政と連携し始動
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県内で組織に属さず働くフリーランスの女性と、企業の人材、行政職員の3者をつなげて、新たなチームや事業の芽を生み出そうという取り組みが始まる。フリーランスの女性に仕事上の新たな出会いの場をつくり、U・Iターンを望む場合にも、より働きやすくなるような環境を整える。一組織で補えない、知見の交換や相互の成長を支援する場所にする。

 「群馬プロジェクトスタジオ」と題し、21日に高崎市内で試行版のキックオフイベントを開く。県内外でフリーランスとして働く30~40代の女性7人と、多業種の企業・団体で働く5人、県職員6人が参加する。(五十嵐啓介)

 フリーランス 会社や自治体に属さず、個人で仕事を請け負う働き方を指す。政府の2020年調査では462万人に上ると試算された。法令上の明確な定義はなく、業種は幅広い分野にわたる。取引先からのハラスメントや一方的な契約変更などが問題となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事