堀越氏 群馬2区擁立へ 次期衆院選で立民が検討
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 立憲民主党の福山哲郎幹事長は17日、伊勢崎、太田両市内で開かれた党県総支部連合会の「キックオフ集会」で、堀越啓仁衆院議員(比例北関東)について、次期衆院選で群馬2区からの擁立を検討していることを明らかにした。

 堀越氏は昨年10月の衆院選で比例代表北関東ブロックの単独候補として立候補し初当選した。福山氏は、県連から2区擁立の申し入れがあったとし、「真摯(しんし)に受け止め、4月15日の(県連の)結党大会までには結論を出す」と述べた。大会は前橋市内で行い、枝野幸男代表も来場予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事