「ソースやきそば」5000個でペヤングタワー 「まるか食品」  東名・足柄SAでイベント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「ペヤングジャック」イベントのイメージイラスト

 まるか食品(群馬県伊勢崎市戸谷塚町、丸橋嘉一社長)は14日、東名高速道足柄サービスエリア(SA)の下り線(静岡県小山町)で、期間限定イベント「ペヤングジャック」を始める。定番の「ペヤングソースやきそば」を約5千個使った高さ約6メートルのペヤングタワーなど「インスタ映え」する展示で商品をPRする。7月1日まで。

 イベントは「ペヤングソースやきそば超大盛」の発売15周年を記念して初めて開催する。中華風やタイ風春雨など新商品を続々と投入するペヤングブランドを多くの人に知ってもらおうと、SAでの実施を決めた。

 タワーは、二等辺の山型で横幅、奥行きがそれぞれ約4・5メートル。タワーのほか、ペヤングソースやきそばのカップ容器に入っているような写真が撮れるフォトスポットなども用意する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事