《NIE》切り抜いて保管の利点 童話研究会に出前講座
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 教育に新聞を活用するNIEの一環で、上毛新聞社の出前講座が15日、群馬県伊勢崎市の同社印刷センターで開かれた。群馬童話研究会(星瑛子会長)の6人が、メディアの歴史や新聞の特徴について楽しく学んだ=写真

 編集局でNIEを担当する子安悟記者が講師を務め、伝書バトや電話機などを挙げながら情報伝達技術の歴史を紹介。何度でも読み返せ、切り抜いて保管できる新聞の利点を説明した。

 輪転機などを見学し、印刷について理解を深めた星会長は「全てコンピューターで制御していて驚いた」と話した。

***
 上毛新聞社は、出前授業や講座を受講する学校や団体を募集しています。問い合わせはNIE・NIB推進委事務局(027・254・9885)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事