不正アクセス調査 復旧に1億円計上 前橋市が6月定例会提案へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県の前橋市教委のサーバーが不正アクセスを受け、市内の小中学生ら約4万7000人分の個人情報が流出した可能性が高い問題で、市は一般会計補正予算案に調査や復旧の費用として約1億0600万円を計上した。13日に開会する市議会6月定例会に提案する。

 市教委学校教育課によると、不正アクセス発覚後に調査を依頼した都内の情報セキュリティー業者への支払いが2600万円。市立の幼稚園、小中学校、特別支援学校、高校に設置しているパソコンや、タブレット端末計約6000台の完全復旧にかかる費用を7600万円と見込んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事