普通料金で特急OK 東武桐生線 利用促進狙い年内に実験
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東武桐生線の利用促進に向け、群馬県は太田―赤城間で特急列車「特急りょうもう号」を一定期間、普通料金で乗車できる社会実験を年内に実施する。

◎関連予算776万円盛り込む

 同区間の普通列車の日中の運行本数は1時間に1本程度にとどまる。実験では同じく1時間に1本運行される特急を活用して乗車券のみで乗れる列車を増やし利便性を高める。本年度当初予算に関連事業費776万円を盛り込んだ。

 同区間の特急料金は510円で時間帯によっては割引がある。普通料金で特急に乗れる区間は栃木県内にあり、実験中に利用が増えれば県内区間での導入を東武鉄道に働き掛ける。

 実験の実施時期や期間、方法について、東武鉄道と桐生、太田、みどりの沿線3市と協議している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事