湯切りで放流しよう 日清UFO 下久保ダムテーマに限定発売
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
下久保ダムがデザインされた湯切りプレート(日清食品提供)
ダム放流を再現した湯切りの様子(日清食品提供)

 湯切りでダム放流を体験―。日清食品(東京都新宿区)は、カップ焼きそば「日清焼そばU.F.O.」に取り付ける「ダム湯切りプレート」の第2弾として、群馬県藤岡市と埼玉県境にある下久保ダムをテーマにした商品を限定発売した。麺の湯切りをダムの放流に見立てて楽しめる。

◎宮城の鳴子、栃木の川治とともに

 プレートはプラスチック製で、ダム放流時の写真がデザインされている。カップ焼きそばに取り付けて湯切りをすると、ダムから放流しているように見える。ダムマニアとして知られる宮島咲さんが監修。湯切り口とダムの洪水口の親和性を重視したという。

 今年1月に第1弾を発売。第2弾で下久保ダム、鳴子ダム(宮城県)、川治ダム(栃木県)が登場した。同社のオンラインストアで購入できる。1500枚限定で、1枚216円。

 下久保ダムでは24日、3年ぶりに全4門放流イベントが開かれ、同ダムの湯切りプレートが当たる抽選会もある。イベントに先立つ23日には藤岡市鬼石多目的ホールで宮島さんの特別講演も予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事