国民民主の県連発足 国政選挙での野党連携確認
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 希望、民進両党の合流による「国民民主党」の群馬県総支部連合会の結党大会が23日、前橋市内のホテルで開かれた。会長には旧民進党県総支部会長の黒沢孝行県議が就任。国政選挙では立憲民主党と野党連携し、自民党に対抗するなどの活動方針を承認した。

 黒沢氏は、「最大の戦いは来年の統一地方選と参院選。立憲民主党と社民党、連合をはじめ、皆さまと丁寧な話し合いをしていきたい」とあいさつし、候補者選考を含め選挙での連携を協議していく考えを示した。立憲民主党県連合会長の長谷川嘉一衆院議員も「私も心は一緒」と足並みをそろえた。
 県組織は、副会長に高柳勝巳沼田市議、幹事長に後藤克己県議が就いた。

 昨年の衆院選で希望から群馬2区に立候補し、落選した石関貴史氏は出席しなかった。立憲民主は2区に堀越啓仁衆院議員(比例北関東)の擁立を決めている。

 結党大会に出席した国民民主党本部の増子輝彦幹事長代行は上毛新聞の取材に「(国政選候補者の擁立は)県連の考え方を尊重するのが基本原則。同時に、石関氏との話し合いの場が設けられないかと思っている」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事