議会改革ランク 桐生市が全国6位 早大研究所が調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全国の地方議会の改革状況を調べる早稲田大マニフェスト研究所(東京)は27日までに、「議会改革度調査」2017年度ランキングの上位300議会を公表した。群馬県関係では前年度17位だった桐生市議会が唯一、6位にランクインした。

 桐生市議会は、欠席理由を「出産や育児などやむを得ない理由」と緩和したことや、若い世代の議員の負担軽減に向けて環境整備していることが評価された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事